お役立ち情報
エコ・エイトデータベース

オフィス移転で出た不要家具の処分方法

オフィスで使用していたスチールデスクや収納棚、ロッカー、パーテーションなど、移転にともない不要になった家具は、どのように処分したら良いのでしょうか。オフィス家具の多くが「産業廃棄物」に分類されているため、それらを排出する事業者は、法令に定められるルールに従って、責任をもって処理しなければいけません。なお、家具の状態によってはリサイクル家具として買取ってもらえる可能性もあります。ここでは、オフィス移転で出た不要家具の処分方法について紹介します。

オフィス移転で出た不要家具の処分方法

オフィス移転の際に発生した不要家具は、以下のような方法で処分することができます。

不用品回収業者に回収、処分してもらう

オフィス移転にともない排出された不要家具は、排出する事業者が責任を持って処理しなければいけません。

廃棄物を処分するには、廃棄物の処理基準に従って自社内で処分する方法と、廃棄物処理業者として許認可を得た業者に委託して処分する方法があります。いずれにせよ排出する事業者は、廃棄物が最終処分されるまで責任を持って管理しなければいけません。オフィス移転など一時的に大量の不用品が排出されるケースでは、専門の業者に委託して回収、処分してもらった方がスムーズでしょう。業者選定の際は、きちんと許認可を得た会社であるか、許可証等を提示してもらい確認しましょう。違法業者への委託は、排出事業者の責任として刑罰が処せられます。

買取りに出す

「新しいオフィスでは使わないものの、まだ使えそう」、「処分するのはもったいない」といった家具は、リサイクル業者へ買取りに出す方法があります。買取りに出すためには、直接店舗に持ち込む方法と、出張査定を利用する方法があります。インターネットオークションを使って、自ら値段を付けて買い手を捜す方法もありますが、プロの目でしっかりと査定してもらった方が納得の値段で買取ってもらえるでしょう。

どういった家具なら買取りに出せる?

新品同然の家具はもちろんのこと、人気メーカーの商品やデザイン性の高いものは比較的高値で買い取ってもらえます。外観がしっかりしていて、汚れや損傷が少ないもの、故障していないものも買取り対象となるでしょう。ただし、製造年数が7~8年以上経過しているものは、買取りしてもらえない場合もあります。

オフィス移転で出た家具を買取りに出すときのポイント

オフィス移転作業と平行して不要家具を買取りしてもらう際は、不用品の買取りと処分を同時に引き受けてくれる業者に依頼すると便利です。万が一、買取りにならなかったものも、ほかの不用品と一緒に処分してもらえるでしょう。

また買取りに出すものは、事前に隅々まで掃除をして、できるだけきれいな状態にしておくのが重要です。デスクの脚についたホコリ、引き出しに入ったゴミも忘れずに拭き取っておきましょう。また、説明書や付属品を付けると買取り価格がわずかでもアップすることがあるので準備しておいてください。

オフィスの移転を決めたら、移転先でも引き続き使用する物と不用品をあらかじめ分別しておきましょう。不用品まで運び出してしまうと、その分引っ越し時間がかかってしまうだけではなく、新しいオフィスのレイアウトに支障を来してしまいます。オフィス家具を処分する際は、買取りの可能性を含め、専門の業者に相談をしてみることをおすすめします。

株式会社エコ・エイトでは、オフィス移転に伴う不用品の回収・処分・買取のワンストップサービスを提供しています。また退去後の原状回復工事や解体工事も行っており、オフィス移転のさまざまな場面でのお手伝いが可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

Topics

  • お役立ち情報
  • CSR&環境ニュース
  • 東京の社長:須永八十八
  • エコ・エイトの動画

お見積もり

各種廃棄物処理に関する
お見積もりは、
こちらから

無料お見積もり

お問い合わせ

☎︎0120-42-8081

お問い合わせフォーム

認定・認証

認定の期間:令和3年~令和6年
業の区分:収集運搬業(積替え保管を含む)
専門性:収集運搬業(積替え保管を除く)
認定番号:5-20-B0060SA
業の区分:中間処理業
認定番号:5-20-C0070

認証自治体:東京都
事業場:京浜島クリアセンター
事業内容:廃発泡スチロール再生
登録年月日:平成23年5月30日
登録番号:第342号

本社、京浜島リサイクル/マテリアル/クリアセンターは
ISO14001認証を取得しています。
本社は、ISO/IEC27001認証を取得しています。