取扱品目/
マニフェストシステム

取扱品目

一般廃棄物

厨芥、紙くず、木くず、公園ゴミ

産業廃棄物

燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、金属くず、ガラス・コンクリート・陶磁器くず、がれき類

特別管理産業廃棄物

引火性廃油、強廃酸、強廃アルカリ、感染性産業廃棄物、廃石綿等、特定有害産業廃棄物

再生資源物

ダンボール、新聞・雑誌、ミックスペーパー、空き缶、ペットボトル、ビン

マニフェストシステム

エコ・エイトでは、収集運搬から処分まで電子マニフェストに対応し、
適正な廃棄物処理で事業者様のサポートをしております。

マニフェストシステムとは

マニフェストシステムとは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託する際に、管理票で産業廃棄物の種類、数量、運搬業者、処分業者を把握・管理するしくみです。
すべての産業廃棄物にマニフェストの使用が義務づけられ、適正処理に取り組んでいます。
産業廃棄物が最後まで適正に処理されたことを把握することができ、不適正な処理による環境汚染や不法投棄を未然に防ぐことができます。

マニフェストの流れと廃棄物処理の流れ


画像をピンチインで拡大してご覧ください。

電子マニフェスト

電子マニフェストシステムはマニフェスト情報を電子化し、排出事業者、運搬業者、処分業者の3者が情報処理センター(JWNET)を介したネットワークでやり取りするしくみです。
マニフェストの管理が容易になり、ペーパーレスで環境保護にもつながります。
またマニフェスト交付報告は、情報処理センターが都道府県・政令市に報告するため、報告が不要になります。

マニフェストの流れと廃棄物処理の流れ

EDI方式にも対応

EDI方式とは、電子マニフェストの処理をEDIサーバーを介して通信するシステムです。従来の電子マニフェストは排出事業者による事前準備や回収後の登録作業が必須ですが、当社のEDIシステムをご利用いただくことで、排出事業者の手間と負担を大幅に軽減することができます。

EDI方式説明図

お取り引きまでの流れは、こちらから
お取り引きの流れ

Topics

  • お役立ち情報
  • CSR&環境ニュース
  • 東京の社長:須永八十八
  • エコ・エイトの動画

お見積もり

各種廃棄物処理に関する
お見積もりは、
こちらから

無料お見積もり

お問い合わせ

☎︎0120-42-8081

お問い合わせフォーム

認定・認証

認定の期間:令和3年~令和6年
業の区分:収集運搬業(積替え保管を含む)
専門性:収集運搬業(積替え保管を除く)
認定番号:5-20-B0060SA
業の区分:中間処理業
認定番号:5-20-C0070

認証自治体:東京都
事業場:京浜島クリアセンター
事業内容:廃発泡スチロール再生
登録年月日:平成23年5月30日
登録番号:第342号

本社、京浜島リサイクル/マテリアル/クリアセンターは
ISO14001認証を取得しています。
本社は、ISO/IEC27001認証を取得しています。