中間処理施設

エコ・エイトが東京・京浜島に保有する中間処理施設には、京浜島リサイクルセンター、京浜島マテリアルセンター、京浜島クリアセンターの3つの自社処理施設があります。

京浜島リサイクルセンター

京浜島リサイクルセンターは、1日あたり破砕・圧縮合わせて420tの許可を取得している、廃掃法15条の許可を受けた産業廃棄物処理施設です。土日も休まず年間365日稼働しており、飲食店や商業複合施設等の事業者様の強い味方となっております。

■ 取扱い品目

  • ・廃プラスチック類
  • ・紙くず
  • ・木くず
  • ・繊維くず
  • ・ゴムくず
  • ・金属くず
  • ・ガラス・コンクリート・陶磁器くず
  • ・がれき類

京浜島リサイクルセンターの作業工程

1. 搬入

産業廃棄物を運搬した車両はトラックスケールで計量し、マニフェスト伝票との照らし合わせを行い、確認します。

2. 選別

搬入された廃棄物は重機による選別後、手作業で選別を行い、リサイクル率の向上を図ります。

3. 破砕・圧縮

搬出先に合わせて、破砕や圧縮による処理を行います。破砕の場合は主にガス化溶融施設向け、圧縮の場合は主にRPF工場向けとして、それぞれ減容処理しています。

4. 搬出

ガス化溶融施設やRPF工場などへ、自社の大型車両で搬出します。大型車両で搬出することで作業効率を高め、環境負荷の低減を図ります。

京浜島ライブ動画

パソコン・スマートフォンで処理状況が確認できます。

京浜島ライブ動画はお客様のパソコン・スマートフォンから、委託された廃棄物の処理状況をリアルタイムで確認できる動画配信サービスです。
(閲覧をご希望の企業様のみご利用いただけます)

設備

破砕機

日量199トンの破砕能力を有し、廃棄物を効率よく次の処理工程に送るため、破砕・減容します。

圧縮梱包機

日量220トンの廃プラスチック類を3分の1に圧縮梱包し、運送コストとCO2を削減します。

京浜島マテリアルセンター

ペットボトル・スチール缶・アルミ缶の圧縮工場

設備

選別ライン

自動破袋機から選別ライン上で不純物を除去、自動選別機によるスチール缶・アルミ缶・ペットボトルに各自動選別し、圧縮します。

京浜島クリアセンター

機密商品などの破砕・発泡スチロールの
溶融及び産業廃棄物積替保管施設。

設備

小型破砕機

機密性の高い書類及びフロッピーディスク、CD、DVDなどを細かくせん断、再資源化物として処理します。

溶融機

発泡スチロールは80℃~100℃で溶融されインゴットに成形されます。

Topics

  • お役立ち情報
  • CSR&環境ニュース
  • 東京の社長:須永八十八
  • エコ・エイトの動画

お見積もり

各種廃棄物処理に関する
お見積もりは、
こちらから

無料お見積もり

お問い合わせ

☎︎0120-42-8081

お問い合わせフォーム

認定・認証

認定の期間:令和3年~令和6年
業の区分:収集運搬業(積替え保管を含む)
専門性:収集運搬業(積替え保管を除く)
認定番号:5-20-B0060SA
業の区分:中間処理業
認定番号:5-20-C0070

認証自治体:東京都
事業場:京浜島クリアセンター
事業内容:廃発泡スチロール再生
登録年月日:平成23年5月30日
登録番号:第342号

本社、京浜島リサイクル/マテリアル/クリアセンターは
ISO14001認証を取得しています。
本社は、ISO/IEC27001認証を取得しています。